• 2018.3.20

タグ付け?アーカイブ?インスタグラムを使いこなす!

インスタグラムには様々な機能があります。
タグ付け、アーカイブ、リポストについて説明します。
タグ付けとは写真に対してユーザーを紐付ける行為です。

友人の写真を撮り、インスタグラムにその写真をアップしたとします。
写真に写っている人物は友人いうユーザーなので、写真に写った友人をタップし、タグ付け機能を呼び出します。

そのままユーザー検索をすることが出来るので、友人を検索します。
検索によってヒットした友人をタグ付けすることにより、写真に写っている人物は、友人というユーザーであるという情報が写真に付加されることになります。
タグ付けをすると相手に通知されますので、相手に通知が行ってもいい場合のみ、このタグ付け機能を使いましょう。

アーカイブとは投稿した写真や動画などを非表示にする機能です。
アーカイブにできる写真は自分が公開した写真のみとなります。

インスタグラムに投稿した写真や動画をアーカイブに保存するには写真を表示して右上に表示される「…」をタップしてください。
メニューが表示されるので「アーカイブに移動」選択します。
これで設定完了です。

ストーリーズアーカイブという機能は聞き慣れないと思いますが、名前のとおりストーリー向けのアーカイブ機能です。
ストーリーズアーカイブを利用すると24時間後もストーリーを繰り返し見返すことができるようになります。
通常のアーカイブと同じくストーリーズアーカイブも投稿またはアーカイブした本人しか再生することはできません。

インスタグラムのリポストとは、ユーザーが投稿した内容(画像とテキストなど)をそのまま再投稿して拡散する事を指します。
聞き慣れないかもしれませんが、リグラムという言葉も同じことを指します。
インスタグラム自体にリポストする機能はないのでリポスト専用アプリを使用します。

専用アプリを開くと画面上部は自分のフォロワーが一覧で表示され、画面下部は自身の行動によって関連付けられた興味のある投稿が表示されます。
ユーザー名などで検索可能で、インスタグラム本体と、ほぼ同等の事が出来ます。
リポストしたい投稿を探して「Repost」を押してください。

キャプションやフィルターなど編集が終了したら、通常インスタグラムに投稿する時と同じ方法で投稿すれば完了します。
「文字コピー」にチェックを入れていた場合は、キャプションを入力する際にペーストすれば、リポスト元のテキストを入力する事が出来ます。

関連記事
ページ上部へ戻る